猫さんの病気

猫さんの病気:シニアの病気!「慢性腎臓病」(セカンドオピニオンについて)

猫
ねこ吉

こんにちにゃ ねこ吉です!

猫さんの病気を改善の為、すこしづつ確認していきましょう

今回は「腎臓病」です、猫さんでは一番掛かりやすい病気です。

改善される可能の薬もあります!

猫さんの「腎臓病」は可能性が高いです

腎臓病は猫が多く、7歳以上のシニア猫のうち3~4割は腎臓病を患っていると言われています。

シニアねこ吉

シニア猫さんはキチンと腎臓の確認!意外に多いです!

シニア猫は腎臓病はかかりやすい?

獣医者でも原因はよくわかりません
腎臓病の原因として塩分の取り過ぎや糖尿病などがありますが、猫の場合は規則正しい食事をしていても、腎臓病になることがあります。

シニア猫に多く見られる「慢性腎臓病」です。ゆっくり掛かることも多いので、猫さんの身体の不調を確認して状況を見ていきましょう

慢性腎臓病ってどんな病気?

色々な病気ですが、血液が問題で起こす、尿を出す臓器の腎臓になります

本来であれば、腎臓が機能低下で血液の老廃物を外に出なくなり困難になります、そのため血液から老廃物が出ないため「慢性腎臓病」になります
これがうまく行かないと治ることも少ないです

急性腎臓病もあります

食品や薬品で急速に腎臓病が進むことがあります、ユリやガソリンの不凍液が代表です

一番は尿結石で尿が出無くなりました、この際、老廃物が溜まり「急性腎臓病」になります、この際は病院に行って点滴や透析で体調が回復する可能性もあります。

シニア猫(7歳以上)に3匹で1匹が「慢性腎臓病」です

これは腎臓のネフロンの量らしいです

食生活もありますが「水分」の量が重要です、水分が少ないため血液中の尿が濃くなり腎臓に負担が掛かります、老廃物が多く猫さんに負担が掛かります!

温泉猫
泣く猫
バラ猫

猫さんの「水分」の量が症状が出てきます

いきなり水分量が1.5倍以上~2倍の時に病気を確認しましょう、最初が少なく問題が起きて、体の負担に水分を一気に取ることもあります。

万が一、便秘や嘔吐などが出てるときに注意をしてください、口臭も変わる可能性もあります。

老齢な猫の掛かりやすい症状

シニア猫の8歳から10歳ぐらいに腎臓が劣ります、 自己免疫疾患なども落ちてきます

一番は病院に連れて行って血液検査をやっておきましょう、猫さんは嫌がる人もいますが一年大事にするため、心を鬼にして行ってあげましょう。

みんなで!

血液検査が終わったら一緒に遊んでください!

今は腎臓病の食事療法や美味しい食事を考えています、大好きな猫さんに元気に暮らせるようにやっていきます。

2年ほど前に猫の腎臓病治療薬が承認された、効果は? 「ラブロス」

「ラブロス®」と言う成分、猫さんに腎臓に進行を遅らせる機能があります

完全に治るわけではありませんが、猫さんは楽になり、飼い主と長く暮らし事も可能です。

猫慢性腎臓病治療薬 ラプロス®の製造販売承認取得について
 東レ株式会社

 

まとめ:シニア猫さんの気持ち&獣医セカンドオピニオン

年齢が高い猫さんの気持ちを考えて動きましょう!

獣医セカンドオピニオンを行い猫さんの身体状況を確認しましょう、一回で適当な場合は必ず違うセカンドオピニオンが必要です

動物病院に行く際は、また別途説明を入れて置きますのでよろしくお願いいたします

セカンドオピニオン

  • お電話でのご予約・お問合せ0120-121296(フリーダイヤル)受付時間 10時-19時(年末年始を除く)

ペット予防医療センター

セカンドオピニオンとは、「かかりつけの動物病院(獣医師)の診断や治療法について、飼い主様が、別の獣医師の意見を求めること」です。ワンちゃん、ネコちゃんは、言葉を話せませんので、自分の体調の変化を訴えることはできません。獣医師も、ワンちゃん、ネコちゃんから直接ではなく、飼い主様から、間接的にお話をお伺いすることになります。

必然的に、人間の医療よりも、分からないことが多くなり、広く病気を探る各種検査(スクリーニングといいます)をして初めて、現在の病態が正確に把握できる、ということもあります。治療法に関しても、獣医師は、いくつか選択肢を並べるだけです。その中から、ワンちゃん、ネコちゃんに合った治療法を選ぶのは、本人ではなく(本犬? 本猫?)、飼い主様です。このように、ワンちゃん、ネコちゃんの病気の診断、治療には、複数の視点が必要になります。数多くの視点でみた方が、診断の精度も上がりますし、治療の選択肢の幅も広がるかもしれません。それは、獣医師からの視点を増やすことにも、同じことが言えます。色々な動物病院で診てもらい、色々な考え方を聞けば、ワンちゃん、ネコちゃんにとって、飼い主様にとって、より良い方法が見つかるかもしれません。

セカンドオピニオンと聞くと、「かかりつけの先生が、いい顔しないから…」と心配される飼い主様もいらっしゃるかもしれません。しかし、セカンドオピニオンは、転院・転医とは違います。
基本、主治医はそのままで、ほかの獣医師の意見を聞くものです。その意見を持ち帰り、かかりつけの獣医師と、最良の方法を考えていくのが、セカンドオピニオンを求める理由です。逆に言えば、セカンドオピニオンを認めない獣医師は、プライドが高いだけで、ワンちゃん、ネコちゃん、飼い主様の幸せよりも、自分の保身を考えてしまう方かもしれませんので、それこそ、転院・転医を考えたほうが良いかもしれません。

また、「セカンドオピニオンには料金がかかるのでは?」と思われている飼い主様もいらっしゃるかもしれませんが、それは、人間の医療の話です。人間の場合、セカンドオピニオンを求めるには、主治医の紹介状や、相談料などで、料金が発生することが多いです。診断・治療ではなく、相談ですので、保険も適用にはなりません。しかし、獣医療の場合、少なくとも当院では、セカンドオピニオンを求められての相談に料金は発生しません。ですから、予防医療のついでの時でも良いです。連れてこられたコではなく、同居のコのご相談でも構いません。いつでもお気軽にご相談ください。

猫用グッズ・雑貨・病気・シニア用

マンション・賃貸用 猫部屋用グッズ 猫も満足!

猫と一緒、キャットフード/オススメ①

猫さんのお風呂

お風呂上りのペットを乾かそう!猫や犬、うさぎ?フェレット?

猫さん病気

猫さんの病気:花粉症改善・目や鼻、くしゃみ

猫さんの病気:シニアの病気!「慢性腎臓病」

猫さんの病気:「がん(癌)・腫瘍」の早期発見で改善・完治

猫さんシニア

猫:キャットシニアフード(ミルク)について

保険(0円よりは少額掛けてあげましょう)

保険市場(見積もり比較)→他サイト

全国の動物病院(家の近くを確認)

calooペット(1万件以上)→他サイト